ストレートネック

ストレートネック

首の骨、というのは、まっすぐに配列しているということはないのです。少し湾曲しているはずなんです。通常、首の骨は、30度から40度の傾斜があるはずです。それがまれに、30度以下になっている人がいます。30度以下になっている人の首の骨をストレートネックと呼びます。

 

 

 

この状態になっていると、骨に余裕がないために、首が異常に痛くなったり、肩が凝ってしまったり、また背中がはっているような感じになったりと、通常の状態の方よりもより、コリというのを強く感じてしまうことになります。

 

 

 

現代人はうつむく姿勢が多くなっているといわれていますが、それがストレートネックの大きな原因となっているといわれています。いくらコリをほぐしても痛みが取れない、翌日には痛くなっているという方の場合、首の骨がこの状態になっていることが予想されます。

 

 

 

整形外科などに行き、レントゲンを撮ることで、首の骨の傾斜がわかります。ただ問題は、確固たる治療がないということ。痛みやコリに応じた対処療法を行っていくしかないのです。