オステオパシー

オステオパシー

オステオパシーを知っている人はあまりいませんね。あまり聞かないことだと思います。
これは対象時代には日本に伝えられていたのですが、日本人でこの施術をしようとする人はあまり多くありません。
この施術はアメリカで作られたもので、あちらではちゃんとした専用の医科大学まであります。

 

欧米などではこのオステオパシーの国家資格を作る国も多く、他の国にもどんどん浸透しつつあります。
最近は国内でもメディアなどでも取り上げられてきていますから、これから耳にする機会も増えると思います。
十九世紀中頃スティルがこのオステオパシーを広めていたのですが、この頃の治療というのは体に副作用や悪影響のある薬を使っていました。

 

このためスティルは人に備わっている自然に体を治す能力ではやく体を治す方法を作りました。
病気の後に治療するというのではなく、病気にならないにはどうしたらいいのかを考えたのです。
そして今の美容矯正などともつながる、骨格などのおかしくなった位置をもとに戻せば、体の治癒能力が高まることがわかりました。

 

神経、臓器、骨、筋肉などのゆがみをなくすのがこの施術の目的です。
どこかが痛い場合、その部位を治療するのではなく、その部位が痛くなった原因を直します。
それは痛い部位より離れたところにあるかもしれません。

 

人間の体は様々な場所と場所が相互に関係していますから、部分的な施術、治療だけで解決できることばかりではありません。
根本的なゆがみを美容、骨格矯正などで治し、自然回復力を高めなければすぐに元の悪い状態へと戻ってしまうでしょう。