生活の中にあるゆがみの原因

生活の中にあるゆがみの原因

美容矯正しなければいけなくなる原因の一つに体のゆがみがあります。ゆがみはどうして出来るのかを考えていきましょう。鞄などを似たような持ち方で持っていると、すこしずつ影響を受けていきます。座りかたなども重要ですね。

 

体の半身に負担がかかる座りかたでは、すこしずつ体が片方に歪んでいくでしょう。立っているときもそうです。左右にバランスよく体重をかけていけば良いのですが、左右どちらかに体重をずっとかけているのも良くありません。

 

咀嚼も左右のどちらかに片寄るのは良くありません。バランスよく噛みましょう。全体的な姿勢の悪さもいけませんね。

 

家にいるときにソファーなどで横向きに寝転がるのもいけません。ヒールのある靴など、かかとの高い靴を履いている、スポーツで体の一部だけ特に強くつかうなども注意が必要です。これはら身体的な中いていんですが、精神的な不安なども関係があります。

 

また、寒暖の差が激しくなると体の調子が悪くなる人もこういった事と関係があります。事故にあったことがある、病気が関係しているということもあります。事故、病気の場合は直接ゆがみができている部分と関係がなくても、離れた部位から影響を受けるということもあります。

 

大抵の人はこのゆがみというものが、体に出ているはずです。写真を撮ったら自分の顔や、姿勢が左右非対称だと感じ、どうもすこし骨盤が下がっている、ひらいている気がするといった人も多いでしょう。

 

どの程度自分が治療を必要なのか素人にはわかりませんから、とりあえずは自分のおかれている状況を知るために整体院などにいってみるといいでしょう。