自力整体でデトックス

自力整体でデトックス

自力整体は予防医学であると言われています。それは、自力整体では自分の体を自分で点検するようになります。

 

 

 

体の不調をすぐに自分で見つけられるということ。肩こりや腰痛など、病院にかかるほどでもない痛みや不調などを東洋医学では「未病」と言いますが、こうした未病を放っておくと、それが治しがたい病気へと発展してしまいます。

 

 

 

言い換えれば、筋肉や関節のコリ・痛みというのは、すべての病の前兆であるということなのです。それを自力整体をすることによって、病気になる前に未病の時点で見つけることができる。ですから予防医学と呼ばれているわけです。

 

 

 

自力整体では食事の食べ方もとても大切なものだと位置づけています。私たちは食事によって体を作っています。間違った食事の仕方は、体をさび付かせ、不調を引き起こす原因ともなりえるのです。

 

 

 

そして自力整体では心を整える整心法というのも重要視しています。心と体と食事を一体化した考え方が「自力整体」の哲学なのです。