亜急性

亜急性

病気やけがというのは、避けたいものですが、生きていく過程で思いもしなかった病気になったりけがをしたいすることもあります。よく、病気に対して亜急性という言葉が使われることがあります。

 

 
最近人気のアロマセラピスト求人情報も調べるならこちらへ。
これは、病気の開始から病気の症状などが強く出るまでの期間、また、病気が回復へと向かっていく期間のことを表す言葉で、急性、慢性などの言葉にもつながります。急性は、病気がいきなり始まってすぐに収まるもの、たとえば、肝炎や腎炎などに良く利用されます。

 

 

 

亜急性というのは通常、病気開始から1ヵ月くらい、長いものでも3ヵ月くらいの経過を示すものです。整形外科などでこの言葉を利用する場合、怪我をしてから2週間ないし3週間程度の時間が経過したものを指す言葉になります。

 

 

 

急性と慢性の間の言葉というとわかりやすいかもしれませんね。こうした医学用語を覚えておくと、今自分がどういう状況にあるのか、これからどういう感じになっていくのかを理解するのに役立ちます。